【ローカル環境】hostsファイルの書き方・場所【サイト作成】

hostsファイルとは

お手元のPCには、「hostsファイル」というものが存在しています。

これをちょろっと書き換えると、

ドメインをDNS設定していなくても、

つまりウェブ上に公開していなくても、webサイト制作の作業ができるようになります。

ドメインはDNS(ドメインネームサーバ)という仕組みでIPアドレスと紐づけられています。
DNSはドメイン(ホスト名)とIPアドレスを相互に変換します。
hostsファイルがローカル環境にあった場合、DNSへの問い合わせの前に参照されるため、こちらの設定が優先されます。

hostsファイルを書き換えることでドメインとIPアドレスを仮想的に割り当てて、公開前のウェブサイトを実際にインターネット上で確認したり、移転作業などで本来のIPアドレスとは違う特定のサーバを参照したりすることができます。

hostsファイルに書き加える内容

IPアドレス+半角スペース+ドメイン名」を一番下に書き加えます。

例:

118.151.235.191 example.com

hostsファイルの場所

Windowsのhostsファイルの場所

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

注意!
該当ファイルをそのままテキストエディタなどで開くと権限の問題で保存することができません。
アプリケーションを管理者権限で実行するか、デスクトップなどにコピーしてから編集後、書き換えてください。
コピーの際も権限を要求される場合がありますので、適時、実行ください。

※保存したファイルに.txtなどの拡張子が付いている場合はhostsファイルとして認識しませんので、削除ください。

※文字コードが原因で機能しないことがあります。Shift_JIS、UFT-8、ANSIなど試してください。

Macintoshのhostsファイルの場所

/private/etc/

privateは不過視フォルダのため、デスクトッププルダウンメニュー「移動」→「フォルダに移動」にて/etc/とすることで、フォルダを開くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幼少期、絵描きになりたくて毎日絵を描く。地元の写生大会で金賞受賞。
高校生の頃からバンドを組み、作詞・作曲・編曲・映像を担当。ライブで知り合ったバンドマンとは今でも仲良し。

25歳から独学でデザイン・ウェブ制作を0から学習し、ウェブデザイナーとして中途入社。自分だけの武器を探し、デザイン、マークアップ、企画、マーケティング、SNS、広告など片っ端から勉強。
今はその知識を活かしてPdMを担当。

その傍ら数々の副業(イラスト制作、アフィリエイト、古着転売、ハンドメイド、作曲)をして、現在30代に突入。

東海在住。
運営ブログ「シュマリ」は月間3万PV。
読んだ漫画は驚異の4万冊。