【なぜ米津玄師は平凡なのか】パクリ?オマージュ?似てる曲やルーツを解説!

タイトルを見て、わざわざ内容を読みにきたということは、あなたは米津玄師の評価に否定的な意見を抱いているか、もしくは熱心な米津ファンのどちらかだと思う。

最初に断言しておく。米津玄師は10年に一人の天才である。

「米津玄師さん」だ、わかったな?

それをわかったうえで、あえて氏の普通なところ、並以下なところを列挙していこうと思う。

米津さんが何に影響されているかもわかるので、ファンも必見の内容だ。

【未経験OK】仮歌スタッフ大募集!音楽業界でバイトしませんか?

ボカロP「ハチ」時代のルーツ

米津さんの原点ともいえる「ハチ」名義のボカロP時代。
まさか彼が先頭に立ってシーンを牽引していくことになるとはまじで誰も思ってなかったと思う。

実際にはそれ以前に「late rabbit edda」名義で活動していた(あと「Ernst Eckmann」とか)けれど、本人も望んでないしそれについては言及しない。
どうしてもという方は、お問い合わせフォームから連絡をくれ。

バンプ、アジカン、スピッツ、ラッド

言わずもがなもうこのあたりは間違いなくハチのルーツになってる。
色々な洋楽やミスチルあたりのポップさなんかはまったく血に溶けてない。

最近の邦楽バンドって9割そうなんだけど、日本の音楽に影響を受けて音楽を作ってるんだよね。
悪いことじゃないよもちろん。

ただ平凡だよねって話。

まあハチは当時10代の若さで制作していたんだけどね。(天才)

ふり幅の狭い音楽性に土着的な「ロシア民謡」「阿波踊り」といったエッセンスを混ぜて、独特の作品を作っていく。

なぜハチが個性を手に入れられたか。

それはDTMでの作曲が大きな要因になっている。いわゆる宅録。

バンドみたいに体感で音楽を作っていくわけではなく、1音1音やり直してロジカルに作曲ができるのだ。
ここをもうちょっとこうして・・・という作業を延々ひとりで可能なのである。

かつて中村一義やスネオヘアーがそうであったように、往々にしてこの手のアーティストはメロディが綺麗。

そしてなぜか共通してるのがワンパターンなコード進行。ほんとになぜ?

ちなみに俺は「恋人のランジェ」大好きです。

ここ最近影響されてるもの。米津さんの平凡なところ

まあ、ボカロ時代のことなんてさんざ言及されてるだろうし、ここ最近の氏の影響されたものについて書いていく。

ロキノン系音楽→流行りの洋楽

なんてまあほんとに平凡な影響のされ方を見せてくれる。

「orion」

これはもう故意犯か? ってくらいあざといんだけど、The Chainsmokersの「Closer」。

完全に一致。

いや別にいいんだけどさ。

あとはColdplayの「Hymn For The Weekend」とか似てるよね。

「Loser」

Ed Shearanの「You Need Me, But I Don’t Need You」なんかと比較すると面白い。

「砂の惑星」

The Transplantsの「Diamonds and Guns」。

「アンビリーバーズ」

Coldplay「Paradise」。

これも故意犯だな。

ところでライブでは原キーで歌わないのな。がんばれ。

「フローライト」

The 1975「Girls」。

Summer SonicでThe 1975が来日したときにボーカルのMatthew Healyとのツーショットがインスタに載ってたくらいだし、まあ影響受けてる。

 

その他、Bon Iverとか、Francis & The Lightsとか、Phoenix、The Cure、The xx、

宮沢賢治や室生犀星、三島由紀夫、風の谷のナウシカなんかは話によく出てくる名前。

Frank Ocean、Billy Martin、ペルソナ5なんかもインタビューで言ってたな。

「Lemon」のインタビューでは松任谷由実の「ハローマイフレンド」とか。

 

↑これもぜひチェックしてみて。

プレイリスト内容
  1. Dirty Projectors – Little Bubble
  2. HYUKOH (혁오) – GOLD (Chet Faker)
  3. King Krule – Dum Surfer
  4. The Weeknd – Starboy
  5. The Cure – Friday I’m In Love
  6. Frank Ocean – White Ferrari
  7. The Chainsmokers & Coldplay – Something Just Like This
  8. King Gnu – Tokyo Rendez-Vous

 

最近の洋楽のアイデアをパクる取り入れることによって、確かに楽曲に振り幅と豊かさは出た。

でもな・・・全部「どこかで聞いたことある」ってなっちゃうんだよな。

「BOOTLEG」って、おい、うまいこと逃げたな!

「自分としては、偽物/本物って表現の違いでしかないっていうか、別にどっちでもいいんですけどね。最終的にはどっちでも。ただそれによって、自分は自分にしかできないことを120%やれてると思うし、それが『BOOTLEG』っていうアルバムだと思う。」

参照:「ROCKIN’ ON JAPAN 2017年12月号」

「BOOTLEG」の全曲解説もあるのでおすすめ。

「Moonlight」の歌詞にも出てくるんだけど、「ハンターハンター」の作品作りに多大な影響を受けてるのは確か。

パクリ? オマージュ?「オリジナルとは?」 みたいな。笑顔でファック。

創作に対する的はずれな批判へのアンチテーゼとして掲げたかったんだろう。

米津玄師の並以下なところ

グルーブ

DTM畑出身だから仕方ないけど、グルーブ感はまったくない。黒い音楽を作ろうとしたら相当苦労すると思う。

リズムパターン

これについては優秀なドラマーとかプロデューサーに任せた方がいいと思う。成長も見られないから。

字が下手

たまたま見たポップに本人のメッセージが書いてあった。

音程という概念がない

昔からツイキャス聞いてたけどメロディが音程になってない。ピッチとかわからないんだと思う。

※Lemon付属のLIVE DVD、ゴリゴリにピッチ修正されてて残念だった。アイドルかよ。(2018/03/15)

ギターが下手

ちゃんとした音出ないよ、そんな弾き方じゃ!

ライブで声が出なかった

2016年のSweet Love Showerに出演した際に、まったく声が出なくなったことがあった。

完全に経験不足。

テレビ放送を楽しみにしてた俺のわくわくをどうしてくれるんだ。
※米津さんの枠だけ放送されませんでした。

最後に

大の米津ファン? 誰がだよ。

毎日チェックしてるからな、どうか平凡さを拭い去って音楽を続けてほしい。

 

念のためもう一回言っておく。米津玄師さんは10年に一人の天才である。

最後に、平凡な良曲「Lemon」をどうぞ。

この曲は米津さん自身が松任谷由実の「Hello, my friend」に影響を受けたと公言している。

ネット上では、中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」に似てるって指摘されてるね。出だしとか。

「ピースサイン」は和田光司の「Butter-Fly」をある程度踏襲したと公言しているが、どっちも公言するということは、そうでもないんじゃないか。

最後に2

2018/10/31追記

「TEENAGE RIOT」MVが発表された。

late rabbit edda「Arkamira」のサビじゃん! 懐かしすぎ。

その手のはdioramaで終わったのかと思ってたけどまだやるんだ。

 

 

「Lemon」映像盤はLIVE DVD付き!
※歌声は菅田さんと二人仲良くピッチ修正されてるよ!

パクリオマージュが豊富な名盤!

 


3 件のコメント

  • 10年間音楽をしっかり聞いたわけでもないのに10年に一人とか

    日本のメジャーシーンは相変わらずクソだなあ、ミュージシャンもリスナーも()

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です