英語のエラーメールの意味・解説一覧(failure notice、MAILER-DAEMON)

以前、マイクロソフトのブロックリストに入れられてメールが送信エラーになる原因と改善方法を紹介したのですが、その他のエラーメールの内容にもふれておこうと思います。

メールを送ると件名「failure notice」や、MAILER-DAEMONからエラーメールが戻ってくる場合、色々な症状が考えられます。

本文中の「Remote host said:~~~」という部分にエラー内容が記載されていることがほとんどです。

いずれの場合も、送信に使用しているサーバー会社に連絡を取ることが、改善への一番の近道です。
丁寧・すみやかに案内していただけますので、サポートセンターに連絡してみましょう。

目次

英語のエラーメールの意味・解説一覧

【件名】Warning: message xxxxxx-xxxxxx-xx delayed 4 hours

送信先のメールサーバーに一時的な問題があり、送信が保留となっています。

送信先メールサーバー管理者へお問い合わせ下さい。

【件名】Mail delivery failed: returning message to sender

件名だけでは判断できませんので内容で判断する必要があります。

【件名】failure notice

件名だけでは判断できませんので内容で判断する必要があります。

【内容】Unrouteable address

送信先メールアドレスの@以下が誤っているか、一時的に利用不可の状態の可能性があります。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。

【内容】mailbox is full

送信先メールアドレスのメールボックスが容量オーバーを起こしている可能性があります。

送信先メールアドレスのご利用者へご確認下さい。

【内容】Sorry, I wasn’t able to establish an SMTP connection

送信先メールサーバが見つかりません。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】Connected to xxx.xxx.xxx.xxx but connection died

送信先サーバと疎通がとれません。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。

【内容】421 4.4.2 xxxxx.xxx Error: timeout exceeded

送信先サーバと疎通がとれません。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。

【内容】450 4.2.2 Mailbox full

送信先のメールボックスが一杯です。

【内容】451 Temporarily unavailable — please try later

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】450 4.7.1 : Client host rejected: Greylisted for 5 minutes

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否された可能性があります。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】500 Line Too Long

1行の文が長すぎるか、メール容量が大きすぎるため、送信先メールサーバーで受け取れていない可能性があります。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。

【内容】511 sorry, no mailbox here by that name

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】550 5.1.1 unknown or illegal alias: xxxxx@xxxxx.xxx

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否された可能性があります。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】550-5.1.1 The email account that you tried to reach does not exist.

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否された可能性があります。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】550-5.1.1 double-checking the recipient’s email address for typos

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否された可能性があります。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】550-5.1.1 unnecessary spaces

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否された可能性があります。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】550 rejecting spoofed message

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】550 can’t accept user

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】550 cuda nsu 5.1.1 : Recipient address rejected

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

 

【内容】550 Requested action not taken: mailbox unavailable

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】550 User unknown

送信先メールアドレスが存在しないか、送信先メールサーバー側で迷惑メールとして受信拒否されている可能性があります。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。(au社)

【内容】550 Unknown user

送信先メールアドレスが存在しないか、送信先メールサーバー側で迷惑メールとして受信拒否されている可能性があります。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。(docomo社)

【内容】550 Invalid recipient

送信先メールアドレスが存在しないか、送信先メールサーバー側で迷惑メールとして受信拒否されている可能性があります。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。(Softbank社)

【内容】550 5.1.1 No such user

メールアドレスが存在しない、または迷惑メールの設定により拒否されている可能性があります。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。(willcom社)

【内容】552 Message size exceeds maximum permitted

1通で送信できるメール容量の上限を超えています。

設定されている上限以下まで容量を下げて送信をお試し下さい。

【内容】 553 Requested action not taken: mailbox name not allowed or chunk too large

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】554 delivery error: dd This user doesn’t have a xxxxx.xxx account

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】554 delivery error: dd User is over the quota

送信先のメールボックスが一杯です。

【内容】This account has been disabled or discontinued xxxxx.xxx

送信先のメールアドレスは停止中です。

【内容】 554 delivery error: dd Sorry your message to ernest m xxxxx@xxxxx.xxx
cannot be delivered. This account has been disabled or discontinued

送信先メールサーバに何らかの理由で拒否されました。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】 CNAME lookup failed temporarily

メールアドレスのドメインの名前解決ができません。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

【内容】host lookup did not complete: retry timeout exceeded

送信先メールアドレスの@以下が誤っているか、一時的に利用不可の状態の可能性があります。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。

【内容】all relevant MX records point to non-existent hosts or (invalidly) to IP addresses

送信先メールアドレスのメールサーバーの設定に誤りがあります。

送信先メールアドレスの管理会社へご確認下さい。

【内容】Sorry, I couldn’t find any host named xxxxx.xxx

送信先メールアドレスの@より後ろ部分(ドメイン)が存在していない。

メールアドレスに誤りがある可能性があります。

メールが送れない時の主な原因

メールが送れない時の主な原因として、以下が挙げられます。

専門的なものもありますので、わからないことは気にしなくても問題ありません。
利用しているサーバー会社に連絡するか、分かる人に相談しましょう。

  1. メールアドレスが間違っている
    入力したメールアドレスに間違いがある可能性があります。
    アドレス登録覧に不要文字や空白スペースが入っていないかも確認してください。
  2. 迷惑メール対策機能により拒否されている
    スパムメールフィルターなどにより拒否されている場合があります。
    導入されている場合はフィルター設定をご確認ください。
  3. メールサーバ障害、ネットワーク障害
    送信元サーバーと送信先メールサーバーの間のネットワーク経路で障害が発生している場合や、送信先メールサーバーにて障害が発生している場合、メールの送り先が見つからずエラーとなります。
    ご自身のメールアドレスで自分宛てにメールの送受信が出来ればメールサーバの障害の可能性は少なくなります。
  4. DNSサーバの障害
    送信先ドメインの名前解決を行っているDNSサーバーにて障害が発生している場合、メールの送り先を特定することができないのでエラーとなります。
    MXレコードが引けるかをご確認ください。

メールが送れない時の対処方法

送信に使用しているサーバー会社に連絡を取ることが、改善への一番の近道です。

連絡をとると、たいてい「エラーメールの内容を送ってください」など案内があるので、従っていれば改善されます。

エラーメールが届くときは、ほとんどが受信側の問題ですので、相手に連絡をとり、スパムフィルターの解除等をしていただく必要があることが多いです。

あるいは、outlook、hotmail、live宛の場合、マイクロソフトのブロックリストに登録されていることがあります。

そちらの解除方法は別記事で解説していますので、参考にしてください。

【改善方法】メールが送信できない!?outlook、hotmail、live(マイクロソフト)のブロックリスト解除申請方法(550 5.7.1エラー)

2018.02.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です