【Flexbox】CSSでボックスの高さを揃える方法!レスポンシブデザイン【floatは古い】

WEBデザインでよく使われるボックスレイアウトですが、横に並べたときにボックスの高さ(下辺)が揃わずに苦労したことってあると思います。

実は「Flexbox」というCSSプロパティを使えば、めちゃくちゃ簡単に解消できちゃうんです。

現在ほとんどすべての最新ブラウザーでFlexboxをサポートしており、Flexboxを使ったレイアウト組みが今後のWebデザインのスタンダードとなるでしょう!

float:leftして、解除して、なんてことはもうしなくていいんです。

 

Flexboxの使い方

親要素にFlexboxを指定

ボックスレイアウト全体を囲んでいる親要素にdisplay: flexboxを指定するだけです。

ただそれだけ。すごい。

  • HTML

<div class=”wrap”> <!– 親要素 –>
<div class=”box”> <!– ボックス1 –>
ボックス1の内容
</div>
<div class=”box”> <!– ボックス2 –>
ボックス2の内容
</div>
<div class=”box”> <!– ボックス3 –>
ボックス3の内容
</div>
</div>

  • CSS

.wrap{
display:flex;
}
.box{
width: 31%;
margin: 1%;
}

 

参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です