【アルカの性別考察】男?女?男の娘?【ハンターハンター】

ハンターハンター選挙編で初登場した、ゾルディック家の兄弟として名前のみ公表されていた「アルカ」。

兄弟として紹介されており、性別は「男」だということがわかります。

しかし物語の中で、「女の子」として扱われるシーンがあり、読者を混乱させました。

この記事では、アルカの性別をどう解釈するのが正しいのか考察します。

冨樫先生のミスではありません。

元々は男?

以下のセリフから、もともとは完全に男だったことがわかります。

イルミのセリフ

「ゾルディック家には もう一人弟がいる」

ミルキノセリフ

「アルカとカルトの…あ 弟です ぼくの」

執事のセリフ

「アルカ坊っちゃんのカオが突然…!!」

途中で女になった?

いざアルカが登場すると、キルアがはっきりと女の子扱いしています。

これには最初、冨樫さんミスったなと思いました。

キルアのセリフ

「バーカ アルカは「女の子」だぞ!!」

アルカの性別の考察結果→「男の娘」

なぜ性別が変わったのか。

それは、アルカの体は男で、心は女であることで説明ができます。

身体は男として生まれたが、性自認は女

対外的に見ると「男」。なので執事やガイドブックでは男として扱われています。

また、ゾルディック家の人たちはアルカを家族として見ていないので、心のことまでは知らず、男として扱います。

キルアだけがアルカを人として扱い、アルカの心を理解しているので、女として接しています。

性別が変わったわけではなく、「性自認が女性」だという解釈が最も妥当だといえます。

おまけ:ナニカは暗黒大陸からきた

関連商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です