Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)に驚愕!受け継がれる”枯れた技術の水平思考”

本日、2018年1月18日に、任天堂が新製品「Nintendo Labo(ニンテンドー ラボ)」を発表した。

  • 任天堂ニュースリリース

https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2018/180118.html

  • Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)公式サイト

https://www.nintendo.co.jp/labo/index.html

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)とは

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)はニンテンドースイッチと組み合わせて遊ぶ段ボール工作キットである。

ニンテンドースイッチのコントローラーの特徴である”着脱性”や”HD振動などの各種センサー”をいかんなく活用し、段ボールを新しいコントローラーにしてしまうという驚愕の発想。
なお名称はJoy-Con→Toy-Con。

その形態は釣り竿・ピアノ・バイク・ドールハウスなど様々。

キャッチコピーは「つくる・あそぶ・わかる」。

「コントローラを入力ではなく出力とする」
「モニターを出力ではなく入力とする」

ソフトじゃなくてフレームワークを作ってきた。

所感

本当に、任天堂のコスト削減に対するアイデアはすごいと、あらためて思った。
Wiiのときも、PS3、Xboxと高解像度が流行のときに、「ご家庭で毎日使用した際の電気代が・・・」なんて舞台で話をしてたみたいだし。

今回は、昨今話題にあがる「3D」や「VR」技術ではまったく競わず、まさかの段ボール

画面の外にゲーム性を持っていくのはファミコンの頃から相変わらずではあるけれど、ニンテンドースイッチではこうくるか。

横井軍平さんの”枯れた技術の水平思考”や、山内さん、岩田さんの意思はしっかり受け継がれていることがわかる。

今後の任天堂がますます楽しみになった。

 

↓amzon限定版で「ダンボー」の特典が! ほしすぎる!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です