YouTubeに最初に投稿された動画は?日本からの初投稿も紹介

初めて投稿された動画

2005年4月23日。YouTubeに最初に投稿されたのは、創始者の一人であるジョード・カリムがカリフォルニア州サンディエゴにある動物園の像の前で撮影した19秒の映像だった。

「後ろにいるゾウの鼻が長い」 みたいな内容。

日本初の投稿動画

日本からの初めて投稿は2005年6月26日。

投稿者「2バイト文字を書き込むと文字化けしてしまう」

スティーブ・チェン(YouTube創始者のひとり)「直しといたよ」

というコメント欄でのやり取りは有名。

YouTubeとは

YouTube(ユーチューブ)とは、アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンブルノのYouTube, LLCが運営する動画共有サービスである。

説明するまでもなく、Youは「あなた」、Tubeは「テレビジョン(ブラウン管)」という意味。

PayPalの従業員であったチャド・ハーリー、スティーブ・チェン、ジョード・カリムらが2005年2月15日にカリフォルニア州サンマテオで設立した。

初めて動画が投稿されたのは同年4月23日。

設立のきっかけはハーリーらが友人にパーティーのビデオを配る方法として考えた結果に作った技術を使い、「皆で簡単にビデオ映像を共有できれば」と思いついたことによる。

 

2012年時点で、世界全体での再生回数は、一日あたり40億回を超えたようです。

世界中の二人に一人が毎日動画を見る回数と考えると、その凄さがよくわかります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です