「ホームレスハッカー」エイドリアン・ラモ(Adrian Lamo)はなぜ凄いハッカーなのか?

定住居を持たない放浪の生活とともにハッカーの活動を行ったことから、The homeless hacker(家なきハッカー)との代名詞で知られるエイドリアン・ラモ(Adrian Lamo)。

エイドリアン・ラモの来歴

1981年2月20日、マサチューセッツ州のボストン生まれ。

2001年から2003年頃にかけてアメリカ中を放浪しながら、マイクロソフト、Yahoo!、Excite、ワールドコムなどに代表される、数多の有力企業のシステムへ侵入した。

しかも大学の図書館やキンコーズのネット接続サービス、つまりごく普通のPCを使って。

捕まったり、オバマ大統領から恩赦をいただいたり、天才ならではの波乱万丈の人生です。

「WikiLeaks」にアフガニスタンとイラクに関連するアメリカの機密情報を流したとされるブラッドリー・マニング (Bradley Manning)をFBIに通報し、逮捕につなげた。

しかし、2011年3月時点で、「彼のサポーターから狙われている」との理由で姿をくらましていたようだ。

37歳の若さで逝去

2018年3月14日、カンザス州ウィチタにて、37歳の若さで死去した。死因は公表されていない。

父親のマリオ・ラモがFacebook(2600 | The Hacker Quarterly)への投稿で亡くなったことを明らかにした。

「2600 | The Hacker Quarterly」https://www.facebook.com/groups/majordomo/permalink/10156204603994522/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です