【.me .ioドメインなど】海外のccTLDを使用してもSEOに不利?【gTLD一覧】

お名前.comなどで新しいサイトのドメインを探していて、「.com」はないけど「.me」なら登録できる。「.bz」なら登録できる。といった状況はよくあります。

調べてみると、それらの中には「ccTLD(国別コードトップレベルドメイン)」といって、国ごとに割り当てられたトップレベルドメイン名というものがあることがわかりました。

日本の「. jp」というドメイン名も、ccTLDにあたります。「.me」はモンテネグロ、「.io」はイギリス領インド洋地域、「.ma」はモロッコのccTLDです。

これを知って、ccTLDはSEOに不利なのでは? と考えるのはとても自然かと思います。

一部のccTLDはSEOに不利ではない

調べてみると、LINE株式会社を初め、大手企業でもccTLDを使用しているサイトがいくつかありました。

一部のccTLDは、その国以外の人にも幅広く使われ、特定の国のみを対象としていると言うことができない場合もあります。

たとえば、ツバルのccTLDである「.tv」は、TV関連サイトをはじめとする世界中の多くのサイトで利用されています。

そのため、GoogleはこれらのccTLDを特定の国のみを対象としていないと判断して、「.com」や「.net」のように一般的なトップレベルドメイン(gTLD)のように扱っています。

gTLDとして利用できるccTLD一覧

  • .ad
  • .as
  • .bz
  • .cc
  • .cd
  • .co
  • .dj
  • .fm
  • .io
  • .la
  • .me
  • .ms
  • .nu
  • .sc
  • .sr
  • .su
  • .tv
  • .tk
  • .ws

※出典:Googleサーチコンソール

リストにないccTLDを割り当てられた国以外に使用した場合、SEOに不利であると断言することはできませんが、日本での検索順位は下がる可能性があります。

Googleの人による説明

Should I use ccTLDs for sites not targeted to those countries?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幼少期、絵描きになりたくて毎日絵を描く。地元の写生大会で金賞受賞。
高校生の頃からバンドを組み、作詞・作曲・編曲・映像を担当。ライブで知り合ったバンドマンとは今でも仲良し。

25歳から独学でデザイン・ウェブ制作を0から学習し、ウェブデザイナーとして中途入社。自分だけの武器を探し、デザイン、マークアップ、企画、マーケティング、SNS、広告など片っ端から勉強。
今はその知識を活かしてPdMを担当。

その傍ら数々の副業(イラスト制作、アフィリエイト、古着転売、ハンドメイド、作曲)をして、現在30代に突入。

東海在住。
運営ブログ「シュマリ」は月間3万PV。
読んだ漫画は驚異の4万冊。