【CSS】続きを読むボタンの作り方

縦に長い要素を隠して、高さの均一化をしたいときに便利な「続きを読む」「もっと見る」ボタン。

JSを使わずに、CSSのみで簡単に実装可能です。

「続きを読む」ボタンのコードサンプル

HTML

<div class="grad-wrap">
    <input id="trigger1" class="grad-trigger" type="checkbox">
    <label class="grad-btn" for="trigger1">続きを読む</label>
    <div class="grad-item">ここに隠したい文章を書くよ</div>
</div>

CSS

.grad-wrap {
  position: relative;
}
.grad-btn {
  /*.grad-btnのCSSは表示/非表示の動作には関係ないので、ご自由にどうぞ*/
}
.grad-item {
  position: relative;
  overflow: hidden;
  height: 80px; /*隠した状態の高さ*/
}
.grad-item::before {
  display: block;
  position: absolute;
  bottom: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 40px; /*グラデーションで隠す高さ*/
  background: -webkit-linear-gradient(top, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, #fff 100%);
  background: linear-gradient(top, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, #fff 100%);
  content: "";
}
.grad-trigger {
  display: none; /*チェックボックスは常に非表示*/
}
.grad-trigger:checked + .grad-btn {
  display: none; /*チェックされていたら、grad-btnを非表示にする*/
}
.grad-trigger:checked ~ .grad-item {
  height: auto; /*チェックされていたら、高さを戻す*/
}
.grad-trigger:checked ~ .grad-item::before {
  display: none; /*チェックされていたら、grad-itemのbeforeを非表示にする*/

チェックボックスを使って表示・非表示を切り替えています。

同一ページ内で複数の「続きを読む」ボタンを実装したい場合は、.grad-triggerid,grad-btnforを別のIDにすることで実装できます。

折りたたみ(閉じる)もしたい場合のサンプルコード

HTML

<div class="grad-wrap">
    <input id="trigger1" class="grad-trigger" type="checkbox">
    <label class="grad-btn" for="trigger1"></label>
    <div class="grad-item">ここに隠したい文章を書くよ</div>
</div>

CSS

.grad-wrap {
  position: relative;
}
.grad-btn {
  /*.grad-btnのCSSは表示/非表示の動作には関係ないので、ご自由にどうぞ。*/
}
.grad-btn::before {
  content: "続きを読む"
}
.grad-item {
  position: relative;
  overflow: hidden;
  height: 80px; /*隠した状態の高さ*/
}
.grad-item::before {
  display: block;
  position: absolute;
  bottom: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 40px; /*グラデーションで隠す高さ*/
  background: -webkit-linear-gradient(top, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, #fff 100%);
  background: linear-gradient(top, rgba(255,255,255,0) 0%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, rgba(255,255,255,0.9) 50%, #fff 100%);
  content: "";
}
.grad-trigger {
  display: none; /*チェックボックスは常に非表示*/
}
.grad-trigger:checked ~ .grad-btn::before {
  content: "閉じる" /*チェックされていたら、文言を変更する*/
}
.grad-trigger:checked ~ .grad-item {
  height: auto; /*チェックされていたら、高さを戻す*/
}
.grad-trigger:checked ~ .grad-item::before {
  display: none; /*チェックされていたら、grad-itemのbeforeを非表示にする*/
}

参考サイト:https://metrograph.jp/css_gradation_paragraph/

JSが苦手なウェブデザイナーに特におすすめ

この方法がもっとも簡単に「続きを読む」ボタンを実装できるのではないでしょうか。

CSSのみで実装できるため、JSが苦手なウェブデザイナーの方に特におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です