【しつけ糸】コート、ジャケットの背中の切れ目の糸は切る?切らない?

\ 知らないうちに損してる? /

Amazonポイント最大2.5%還元キャンペーン

駿河屋スタッフ募集中

背中の糸は切る

ジャケットやコートの背中の切れ目(ベント)は、買ったときには糸で縫われています。

これは出荷してからお客様に届けるまでに形が崩れないようにするための物で、「仕付け糸」と言います。

着る際には、必ず切りましょう。

肩やポケットの糸も切る

ポケットもよく縫われており、しかもかなり細かく縫われていることもあるので、飾りかと勘違いされることもありますが、仕付け糸であれば、ポケットの糸も切りましょう。

袖についているラベルは取る?

袖のラベルは取ります。

詳しくはこちらの記事で。

【コートの袖のタグ】外す?付けたまま?デザインではないので切るべき!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幼少期、絵描きになりたくて毎日絵を描く。地元の写生大会で金賞受賞。
高校生の頃からバンドを組み、作詞・作曲・編曲・映像を担当。ライブで知り合ったバンドマンとは今でも仲良し。

25歳から独学でデザイン・ウェブ制作を0から学習し、ウェブデザイナーとして中途入社。自分だけの武器を探し、デザイン、マークアップ、企画、マーケティング、SNS、広告など片っ端から勉強。
今はその知識を活かしてPdMを担当。

その傍ら数々の副業(イラスト制作、アフィリエイト、古着転売、ハンドメイド、作曲)をして、現在30代に突入。

東海在住。
運営ブログ「シュマリ」は月間3万PV。
読んだ漫画は4万冊。