「砂の惑星」コード進行を解説!全音上転調で鬱屈と開放感を巧みに混ぜる【ハチ(米津玄師)】

\ 知らないうちに損してる? /

Amazonポイント最大2.5%還元キャンペーン

駿河屋スタッフ募集中

「砂の惑星」とは

2017年に米津玄師さんがハチ名義でニコニコ動画・YouTubeにて発表した楽曲。

自身の4thアルバム「BOOTLEG」にセルフカバーが収録されている。

サビで全音上に転調するのが面白いですね。
歌詞通り「イェーイ」って感じ。

「砂の惑星」コード進行解説

AメロはBbmキーで

|Bbm Fm|

の繰り返しだけど、

サビで

|Cm Ab|Bb Eb|

全音上がってCmキーになる。

こちらに「BOOTLEG」の全曲解説もあるのでおすすめ。

類似曲の紹介①

ちなみに同じような曲はYUKIの「ランデヴー」

こちらの曲の方がBメロの流れがうまい。

ジャジー? な進行で無調っぽくしてからふわっとサビに移す。

類似曲の紹介②

米津さんは昔からバツンと切り替える。

音楽理論参考サイト

転調について曲の例もあってわかりやすい記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幼少期、絵描きになりたくて毎日絵を描く。地元の写生大会で金賞受賞。
高校生の頃からバンドを組み、作詞・作曲・編曲・映像を担当。ライブで知り合ったバンドマンとは今でも仲良し。

25歳から独学でデザイン・ウェブ制作を0から学習し、ウェブデザイナーとして中途入社。自分だけの武器を探し、デザイン、マークアップ、企画、マーケティング、SNS、広告など片っ端から勉強。
今はその知識を活かしてPdMを担当。

その傍ら数々の副業(イラスト制作、アフィリエイト、古着転売、ハンドメイド、作曲)をして、現在30代に突入。

東海在住。
運営ブログ「シュマリ」は月間3万PV。
読んだ漫画は4万冊。