「砂の惑星」コード進行を解説!全音上転調で鬱屈と開放感を巧みに混ぜる【ハチ(米津玄師)】

「砂の惑星」とは

2017年に米津玄師さんがハチ名義でニコニコ動画・YouTubeにて発表した楽曲。

自身の4thアルバム「BOOTLEG」にセルフカバーが収録されている。

サビで全音上に転調するのが面白いですね。
歌詞通り「イェーイ」って感じ。

「砂の惑星」コード進行解説

AメロはBbmキーで

|Bbm Fm|

の繰り返しだけど、

サビで

|Cm Ab|Bb Eb|

全音上がってCmキーになる。

こちらに「BOOTLEG」の全曲解説もあるのでおすすめ。

類似曲の紹介①

ちなみに同じような曲はYUKIの「ランデヴー」

こちらの曲の方がBメロの流れがうまい。

ジャジー? な進行で無調っぽくしてからふわっとサビに移す。

類似曲の紹介②

米津さんは昔からバツンと切り替える。

音楽理論参考サイト

転調について曲の例もあってわかりやすい記事

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です