【EpocCam】iPhoneをPCのウェブカメラにできる無料アプリ

コロナの影響で急速に普及しているZoomやGoogle Meet。

オンライン会議で急遽PC用のカメラが必要な時に、ウェブカメラを持ってないという機会は多いかと思います。

そこで朗報です! なんと、iPhoneをウェブカメラにできるアプリを見つけました!

「EpocCam」の紹介

EpocCamは、iPhoneのカメラの映像をリアルタイムでPCに送信するというアプリです。

有料版もありますが、カメラで写すだけなら無料版で十分使えます。

有料版では、ズーム機能やマイク機能、背景の切り抜き機能を使うことができます。

マイクも持っていない場合は、有料版にアップデートしましょう

PCがMac / Windowsの場合

MacであればAirPlayを介してiPhoneと接続できます。

Windowsの場合はアプリをiPhoneにインストールする前に、以下のサイトからEpocCamのドライバーをPCにインストールする必要があります。

Downloads | elgato.com

https://www.elgato.com/ja/gaming/downloads

アプリをダウンロード

EpocCam Webcam for Mac and PC on the App Store

https://apps.apple.com/app/epoccam-webcam-for-mac-and-pc/id449133483

使い方

準備

EpocCamを使用するには、「USBケーブルなどによる物理接続」か「Wi-Fi経由で同じLANに無線接続」でiPhoneをPCに接続する必要があります。

初期設定

インストール後のウォークスルーの「STEP3」で、アプリのカメラへのアクセスと、ネットワークへのアクセスを許可する必要があるので、2つあるスイッチをタップしてオンにします。(「Allow access to 〜」と二つ表示されているかと思います。)

カメラのアクセス、ネットワークのアクセスも求められるので、それぞれ許可します。

完了

初期設定が終わるとカメラが起動します。

ZoomやGoogle Meetに繋ぐ

ZoomやGoogle Meet(会議ツール)の設定から、カメラデバイスに「EpocCam Camera」を指定することで連携が完了します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です