【パクリ?】新TCG『ゲートルーラー』とは?ルール解説【最新情報】

\ 知らないうちに損してる? /

Amazonポイント最大2.5%還元キャンペーン

駿河屋スタッフ募集中

『ゲートルーラー』とは?

『フューチャーカード バディファイト』の原作者でもある池っち店長がプロジェクトリーダーとなり準備を進めている新作TCG。
TCGで育った20~30代をターゲットにしていて、日本のみならず海外に向けても展開予定。

ゲートルーラー以前に、池っち店長は『ドミネイター』という新TCGを開発中であることを表明していたのだが、紆余曲折があり、現時点ではまだ発売されていない。

『ドミネイター』≒『ゲートルーラー』なのでは?

『ゲートルーラー』公式サイト

ゲートルーラーの世界観はバディファイトのパラレル設定

『ゲートルーラー』のルール解説

『ゲートルーラー』は、ある意味でこれまでのTCGのいいとこ取りのようなTCGと言われている。

ルールを司る「ルーラー」によって、ルールそのものが変わる

チームを統べるリーダーとなるのが「ゲートルーラー」(ルーラー)と呼ばれる者たちだ。

「ゲートルーラー」の最大の特徴は、ルーラーシステムにある。ルーラーとは、ルールを司る者という意味であり、ルーラーが変わると、ゲームのルールそのものが変わるのだ。

第1弾の環境としては、体験デッキの「ワールド・マスターα」および「ワールド・マスターβ」のほか、「A-1 アプレンティス」、「K-11 ナイト」、「H-8 ハイランダー」という合計5種類のルーラーを利用することができる。

もちろん、異なるルーラー同士での対戦が可能だ。

ゲートルーラーが、全てのTCGを包含できる可能性があるというのは、このルーラーシステムを採用しているためだ(実際には全てのTCGを完全に包含するのは難しいだろうが)。

手札を持てない代わりに「マナ」概念がないルールや、1ターンに2枚ドロー2召喚できるルール、運要素が強いものから厳密なコスト管理が必要なものまで、ルーラーによるルールは様々だ。

SNSでパクリと話題

ルール説明で「これは遊戯王でいうあれで~」「デュエマでいうところの~」と言っていたり、イラストが昔のロボのオマージュだったりで、SNSでは「パクリ」だと話題になっています。

『ゲートルーラー』商品一覧

『ゲートルーラー』公式Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幼少期、絵描きになりたくて毎日絵を描く。地元の写生大会で金賞受賞。
高校生の頃からバンドを組み、作詞・作曲・編曲・映像を担当。ライブで知り合ったバンドマンとは今でも仲良し。

25歳から独学でデザイン・ウェブ制作を0から学習し、ウェブデザイナーとして中途入社。自分だけの武器を探し、デザイン、マークアップ、企画、マーケティング、SNS、広告など片っ端から勉強。
今はその知識を活かしてPdMを担当。

その傍ら数々の副業(イラスト制作、アフィリエイト、古着転売、ハンドメイド、作曲)をして、現在30代に突入。

東海在住。
運営ブログ「シュマリ」は月間3万PV。
読んだ漫画は4万冊。