なぜトレカのサイズは2種類しかないのか【トレカサイズ一覧】

トレカのサイズは2種類ある

日本で販売されているトレーディングカード(TCG)には2種類のサイズがあります。

通常サイズ・スタンダードサイズ(63mm×88mm)

ミニサイズ・スモールサイズ(59mm×86mm)

です。

主なカードを一覧にしました。

通常サイズのトレカ一覧

  • マジック:ザ・ギャザリング(MtG)
  • デュエルマスターズ
  • ポケモンカードゲーム
  • ヴァイスシュヴァルツ
  • ChaosTCG
  • Z/X(ゼクス)
  • バディファイト
  • 三国志大戦TCG
  • 魔法少女 ザ・デュエル

など

ミニサイズのトレカ一覧

  • 遊戯王
  • ヴァンガード
  • バトルスピリッツ
  • ミラクルバトルカードダス

など

「なんで2種類あるの?」「なんで統一されないの?」そんな疑問がわきますが、トレカ業界の人がちらっとお話をしていましたので、こちらにまとめました。

トレカ業界人の声

以下、カードゲームデザイナーの池っち店長さんのツイートから。

まず、通常サイズと言われている物は、そもそもコレクションカードの世界共通規格なんですね。
だからナインポケットとかスリーブが使えて便利。

次に「カードダス」の規格があります。
カードダスが世界最大手規格の通常サイズにしなかった理由は、判然としていませんが、かつて僕の居た玩具業界では、「小学生低学年の持ちやすいサイズにしたのではないか」と言われていました。
そもそもSDガンダムカードダス等の子供用コレクションの物ですからね。
事実、単に小型化しているのではなく、若干細長くして、子供の手に合わせています。

忘れている人も多いと思いますが、遊戯王OCGは、元々カードダスで発売されていたものです。(バンダイ版もありましたが)
その流れで遊戯王はミニサイズなんですね。バンダイの子供向けTCGが小型なのも、カードダス規格な訳です。

ヴァンガードはカードダスで出したわけではありませんが、元々はブシロードさんが子供向けTCGとして開発したものなので、子供の手に馴染むサイズを選択したのは、正しい訳です。
しかし実際、VGも遊戯王もユーザーの殆どは子供ではありません。
なので今や、カードサイズは、子供向け大人向け関係なく、デザイン性や別の要因で、「どっちのサイズで作っても良い物」「売れればそれで問題なし」と言えるかもしれません。

さっきカードサイズのツィートに関して、ではどうしてバディファイトは通常サイズなのか?!という疑問はあって然るべきですね。
勿論、超絶万人が納得する「そりゃそうだ」な理由があります。
が、これは皆さんなりに考えて頂きましょう。
というか今の僕は答えようがないw

一説では、ミニサイズのスリーブの販売数は全体の15%に過ぎないので、費用対比効果の問題だとハッキリ分かんだね。

デュエマをやってる子たちが同じサイズのスリーブを使えるように!ですかね?
確かヴァンガードも遊戯王の年齢層を狙ってサイズ統一したような— めたぼ (@metal_vo_) 2017年6月3日

かなり近い。でももう答えるのはやめよう。正解を言ってしまうようなものじゃねーかww

元ツイート

最後に

なるほどまあ確かに納得って感じですね。

ポプテピのクソカードってどのくらいのサイズなんだろう。トランプと一緒かな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です