【ジャンプ図書館とは】50年分の「週刊少年ジャンプ」が無料で読み放題

週刊少年ジャンプ創刊50周年記念企画「ジャンプ図書館」開催!

「週刊少年ジャンプ」は今年で創刊50周年。

それを記念して、50年間に刊行された、創刊号から今までのジャンプがほとんどが読める「ジャンプ図書館」が、2018年3月15日(木)から26日(月)の期間、六本木ヒルズ ヒルサイド2階「ヒルズ カフェ/スペース」で開催される。

「ジャンプ図書館」っていう名前に惹かれるよね。

個人的には名作よりも、入手困難な打ち切り作品をまとめて読みたい!

会場では、積み上げた高さ約60メートル、総重量約1.4トンに及ぶ、創刊号から2018年14号までの2406冊の”週刊少年ジャンプ”を全て無料で閲覧可能。会場の机、イス、内装は歴代の”週刊少年ジャンプ”で作成され、50年の歴史を肌で感じながら、思い出の一刊を読み返すことができる特別な空間が演出される。

積み上げた高さで言われても、イメージが掴みにくいのでは。
ちなみに、20階建てマンションと同じくらいの高さ

物販はもちろん、カフェなのでオリジナルメニューも気になるところ。

また、3月19日(月)からは、特別展「創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.2-1990年代、発行部数653万部の衝撃-」が会場から近い、森アーツセンターギャラリーで開催されるので、こちらも合わせて楽しみたい。

ジャンプ創刊号から2018年13号までの総発行部数は75億部以上、一番長いキャラクター名は192文字(「銀魂」のビチグソ丸ですね)、表紙登場回数が最も多いキャラは「ONE PIECE」のルフィ――など、イベント開催を前に、ジャンプにまつわる豆知識も公開されました。

イベント詳細

週刊少年ジャンプ創刊50周年記念企画「ジャンプ図書館」

【開催期間】2018年3月15日(木)~3月26日(月)
【会場】六本木ヒルズ ヒルサイド2階 「ヒルズ カフェ/スペース」
【住所】東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド2階
【営業時間】11:00~23:00
【入場料】無料

※3月15日(木)のみ午後からの営業を予定
※最終入館は閉館の30分前まで
※混雑状況によって入場待ちあり

Twitterの関連ツイート

同じことを考えている人がたくさん!

そしてなぜかコスモス大人気。

 

【ジャンプPARTYとは】週刊少年ジャンプ100作以上が2カ月無料で読めるサイト

2018.03.05

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です