SONAR Professionalで再生した音が途切れる原因と改善方法

SONAR Professionalで作業をしようと、ファイルを再生したら、ドラムやベースのトラックが再生されたりされなかったり・・・とぎれとぎれになっている!

個別に再生したり、ピアノロールを確認したところ、トラックそのものに問題はなかったので、原因と直し方を調べました。

音が途切れる原因

メモリ不足かSONARの環境設定か、はっきりとはわかりませんでしたが、改善はできました!

改善方法

左上の「編集」タブから、「環境設定」を開き、「録音/再生」の中に「バッファ容量」を設定する項目があります。

僕の場合、デフォルトで250になっていたのですが、こちらを「750」に変更したところ、音が途切れることはなくなりました。

最後に

僕はが使用しているのは「SONAR Professional」ですが、ほかのSONARシリーズでも同様の方法で改善できるかと思います。X1系はいけました。

多くのバッファを使用すると、ミキシングレイテンシは長くなります。バッファの数を少なくするとミキシングレイテンシは短くなりますが、ドロップアウトの危険性が高まります。

レイテンシ(遅延)が気になったら、最適なバッファ容量を設定しましょう。

SONAR公式 – MIDIの再生バッファ容量とオートメーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幼少期、絵描きになりたくて毎日絵を描く。地元の写生大会で金賞受賞。
高校生の頃からバンドを組み、作詞・作曲・編曲・映像を担当。ライブで知り合ったバンドマンとは今でも仲良し。

25歳から独学でデザイン・ウェブ制作を0から学習し、ウェブデザイナーとして中途入社。自分だけの武器を探し、デザイン、マークアップ、企画、マーケティング、SNS、広告など片っ端から勉強。
今はその知識を活かしてPdMを担当。

その傍ら数々の副業(イラスト制作、アフィリエイト、古着転売、ハンドメイド、作曲)をして、現在30代に突入。

東海在住。
運営ブログ「シュマリ」は月間3万PV。
読んだ漫画は驚異の4万冊。