【BUMP OF CHIKENヒストリーブック】大学時代、デビュー【その4】

\ 知らないうちに損してる? /

Amazonポイント最大2.5%還元キャンペーン

駿河屋スタッフ募集中

デビュー前夜!でもまず受験から…

藤原「バンドを一旦休止することになったのはね、要は、升と増川が大学受験っつーか、進路を決める時期になって。まずね、話した。チャマが中心になって。『俺はプロになるよ』ってチャマは言ってて。『藤原はどうなの?』って言われて、『俺もこれ続けることになるんじゃねえかな』みたいなこと言って。だってこれしかねーじゃん、結局はさ。だからそういう意志を伝えたの。で、チャマが升と増川に『お前らはどうなの?』って話をして」
増川「それ、はっきり覚えてる」
藤原「俺らは即返事が来ると思ってたものが、即答ではなかったのがちょっと……温度差を感じた瞬間だったな(笑)」
直井「俺、あん時、藤原と超話したもん」
藤原「そう、だから4人で話し合う前にチャマと俺とふたりで話したんだよな。……この先どうなるんだろうってな。あいつらが受験やるんだったらやるで、ちゃんと俺らもそれを認めた上で時間与えなきゃいけねーんじゃねえか、みたいな話をふたりでして。バンド続けることも考えてないかもしんないしとか。そういう意志をちゃんと確認しなきゃってことになって、それで話し合いが設けられたんだよな」
増川「俺、バンドは絶対やるって思ってたんだけど、でも……普通に大学にも行きたいなって思ってた」
「おんなじ。でもバンドは絶対、続けたいし。大学に進んだらもっと自由時間増えるし、だからもっと出来るから、ほんのちょっとだけ待ってて、みたいなことを言った記憶がある」
直井「主に俺が不安だったのね。藤原も、その時期は『ダメ藤くん』ではなくなってたの。もうバリバリ。デモテープ送ったり、ライヴのブッキングしたり。だからもう、マネージャーみたいなことまで全部やってて」
藤原「俺その頃東京にいたんだ、既に。ひとり暮らししてた」
直井「俺はお父さんとの約束を果たせばいいだけだったから、18になったら絶対東京出るって決めてた。で、もちろんふたりもそうだと思ってたの。俺はほんとプロになるって決めてたから、大学なんて行く必要ないじゃんって。たぶん行って欲しくないとも思ってたし。ていうかね、そういう返事が返ってこないと思ってたの。大学行こうなんて思わないだろうなって」
藤原「大学行かないでバンド続けてもらうように説得したいってチャマは言ってて。で俺は、『個人なんじゃねえかなそこは』って言って」
直井「だからとりあえずふたりに意見聞いてみようってことになって、聞いたの。……ヒデちゃんはすごいしっかりしたこと言ってた。バンド辞めるつもりはまったくない、大学行ってもそれで迷惑かけるつもりは少しもないって言ってくれて。それで俺、安心したの。でもヒロに関してはなんか……すげーあやふやで」
藤原「『親とかもあるし』とか」
増川「そうだね。実際親とかあったもん」
直井「俺すげームカついてた。だって自分の意見ていうよりも、『親がバンドで食ってくなんて許すわけねーし』とか言って。いや俺はお前がやりたいかどうか聞いてんだけどっていう」
藤原「チャマはずっと『ずるいよずるいよ』って言ってた。……俺その頃、引き抜きかかった、そういえば。レコード会社的なものから。 そん時は言えなかったけど。『お前ひとりでいいよ』って言われて。『お前いい曲書いてんだから、こっちが用意するメンバーでバシっとやればすぐデビューだ』みたいな。 そしたら金もバンバン入ってくるし、買いたい服もCDも買えるし、楽器もどんどん良くなってくよみたいな。 俺、そのメンバーを切るってことにビックリした。なんか殴られた感じ。ガツンと。 現実を突きつけられた感じだった。そん時に初めて、バンドとかメンバーとか具体的に考えて。確かに俺含め下手さって。それよか地道な、先の見えない作業でも、今のメンバーが重要なんだって。それで、『俺はバンプ・オブ・チキンでいたいです』って話をした。……その時、俺はとにかく今のメンバーで行くんだって覚悟をしたのね。だから俺もチャマと同じように思ってたんだけど、ただふたりに対してチャマと違ったのは、大学行くなら行くでいいけど、バンド続けるって言う以上は責任持ってストレートで合格してストレートで帰ってきてくれと。で、大学を理由にバンドの活動を怠らないでくれと。そこまで話してたよね」
直井「それに対してヒデちゃんが『俺が大学に受かんないっていうことがない』って言ってくれたのが嬉しかった。ヒロも同じこと言ってくれて。で、約束したんだよね、4人で」

バンプ・オブ・チキン~大学受験~

「それでまあ、受験の間俺らもライヴ休んで。月1ぐらいで練習はしてたけど。そん時、藤原もバイトが忙しいみたいな感じで」
藤原「バイトやりながら曲書いたりしてた。バイトいっぱいやったよ。30個ぐらいやったんじゃないかな。全部すごかったよ、俺(笑)。売上げとかすげー良かった。服屋でしょ、香水屋さんでしょ、コンビニもやったし…あとはビルのゴミの仕分けとか。あれは今でもやって良かったなと思う。それから、カフェとかレストランとかひと通りやった。テキ屋みたいなのもやったし、八百屋さんとかもやった。だって稼がねーとやっていけないからさ(笑)」
直井「だから、俺がなんでふたりが大学に行くってことでそんなになってたかって言うとさ、とっても羨ましかったの。だって俺、朝の5時に起きて調理場行って、夜の12時まで仕事して、その後大検のために勉強して、夜の3時」
藤原「帰ってきたこいつと会うと、すげー油臭いの」
直井「あとニンニク臭いの(笑)。だからほら、青春とはもう、超離れてて。3年間自分を殺してたのね。だから、4人といる火曜日だけが唯一の安らぎだったの。でも大学受けたらそれすらなくなっちゃうし。だからもう、怖かったよね。火曜日ってもんが俺にとってほんと命だったから。でもふたりの決意を聞けて。……あのね、ヒデちゃんの場合は、ちゃんと約束だったの。『俺は落ちないようにする』っていう、ちゃんと努力するっていう約束。でもヒロの場合は違うの(笑)。『俺が落ちるわけがない』とかっていう、なんか自信なの(笑)」
増川「そうだったね(笑)」
藤原「それで4人で誓いを立てたんだよな。まずバンドの活動をとりあえず中止しよう。勉強に必要な分だけ時間を空けよう。で、たまに合わせたくなったら合わせよう。その間、俺は俺で東京でバイトして生活しながら曲書いたり、他のバンドで助っ人としてギター弾いたりして。あと某レーベルとの橋渡しをやったりもしてた。チャマは親との約束を果たすために業務をこなしてて。で、ふたりは勉強してたの。……でもすごい面白いのはさ、よく増川から電話がかかってきて、『遊ぼう!』って(笑)。『遊ぼうじゃねーよ、お前何やってんの?』っていう」
直井「俺ね、そん時ヒデちゃんに相談したの覚えてる。ヒデちゃん家初めて行ったもん、『俺すっごい心配してることがあるんだよ』って」
「こいつがね、夜、雨戸開けて勝手に入ってきたの(笑)」
藤・増「ははははははは!」
直井「(笑)いや、そんなことしたの、初めてよ?知ってた?」
増川「知らなかった」
直井「ヒデちゃんはね、遊んでるところを見たことがなかったの。俺が見るヒデちゃんは、ドラム叩いてるか勉強してるかっていう。でもね、ヒロはたまに焼けたりしてて。『海行った』とかよく聞いたのね(笑)。だから『俺は高校ってもんを知らないからわかんない、でもどうしても遊んでるようにしか思えないんだけど?』って聞いたら、ヒデちゃんが『いや、あいつ、ぜってー受かんねえと思う』って(笑)。……なんかヒロん家遊びに行ったら、机の上に紙があって。出席日数っていうか、遅刻が多いっていう紙が置いてあって。よくわかんないんだけど、これって相当ヤバいんじゃない?って。大学はわかんないんだけど、とりあえずこの高校って時点でヤバいんじゃない?って(笑)」
増川「いや、でもほんとにそうだった。うーん……なんかね……」
「だから、焦ってはいるんだけど、遊ぶのも楽しい、みたいな感じだと思う。そういうのは俺はわかるけど。受験生特有の気持ちっていうのはさ」
直井「なあ、俺らわかんねえけど」
増川「いやいや……」
直井「俺ら、何度も聞いたよね。でもヒロ、1回も答えてくんなかった。その……『なんで落ちたの?』ってことに」
3人「ははははは!」
直井「逆にキレてた」
増川「そうだね……ほんとに最悪だよね」
3人「(笑)」
藤原「で、たまーに俺帰った時に練習とかしてたんだけど、ある時、なんか増川はいなくて升とチャマと俺がいて。そん時に、升に『どう、勉強頑張ってる?』って聞いたら『推薦決まった』とか言われて、『えっ!?』みたいな。超ビックリして」
直井「それもクールにね。俺、すげーカッケーこいつ、って思ったもん。だから休止って話をした直後には、ヒデちゃん大学決まったんだよ。だから、それからしばらく3人で練習してた時期があったんだよね」
藤原「で、増川待ってて。あまり増川が俺らの前に現れなかった時期があって。その頃もう2月とか3月とかで、升に『お前なんか聞いてないの?』って言ったら、升も『いやわかんねえ、俺が聞いたのは受験会場にあいつが現れなかったって話くらい』みたいなことを言ってて。……受かるわけねえと思ったから噴水の水飲んできてやったってのはどこだっけ?(笑)」
増川「バカだった(笑)」
直井「だからヒロにはシビアで聞けなかったんだよね。で、ヒデちゃんに聞くとヒデちゃんもはっきりとは知らないんだけど……」
藤原「すげー芳しくない答えが返ってきて。すごいどんよりしたよね、俺らね(笑)」
直井「まだ若かったし、今だったらもっと広い視点で見られるけど、そん時はそれがすべてじゃん。あり得ねえって思ったもん。でね、本人から結果を聞けないってことが一番ショックだった。そういう契りを交わしてたから、言って欲しかった」
藤原「会ってもなんも言ってくんねえの(笑)」
直井「で、結局、4月過ぎても何も言われなかった」
増川「うーん……なんか俺はやっぱね……小学生中学生で勉強出来てた部分があって。……得意だったの。算数とか理科とかすごい好きだったから、高校でも理系に行ってて。それでどっかで『ぜってー落ちるわけねえ』って思ってて。甘いんだけど。それで全然もうね……落ちたんだけどね(笑)。で、言えねーって、すべて俺がダメだーって思って……」
直井「その時期はかなり機嫌悪い感じだったよね。そのこと聞くと『いや、わかんねえよ』て感じだった」
藤原「なんか『すぐにわかる感じじゃないんだよね』みたいな。俺ら大学受験なんて全然知らねーから、『あ、そうなんだ』みたいな」
直井「で、結局、1年間待つって決めて待ったわけだから、俺らもう待たねーわって。それで俺は東京行って、藤原と住んで。ヒデちゃんは大学行ってドラム叩いての繰り返し」
増川「俺は浪人生……」
「だから落ちてどうするかは本人の好きだけど、俺らはライヴもガンガンやってくしどんどん転がしてくよっていう」
増川「…………結構切羽つまってたな……」
直井「でも結構日に焼けてた(笑)。だから俺ら相当その時キてた。覚えてるもん。友達と旅行行ったとか言ってて。『浪人生ってそういうもんなの』ってヒデちゃんに—-そういう時俺は必ずヒデちゃんに聞いてた。ヒロに聞くと答えが返ってこないから。『ヒデちゃん、浪人生ってそんなに気楽なもんなの?』って」
「その頃なんか、藤原から『昨日も朝まで遊んだよ』みたいな話聞いて、へーって」
藤原「もちろん遊んでる時は全然嬉しいよ」
直井「そうそう。遊んだ後だよね。心配……じゃなくて疑問だよね(笑)。でも別に俺らは俺らでちゃんとバンドやってるわけだし。こいつもそれで来れないとか、、そういう有無を言わせない感じになってたよね」

バンプ・オブ・チキン~4人でいる意味~

直井「で、その時、すげー重要な話があって。藤原と一緒に住んで半年ぐらい経った時に、やっぱり俺はヒロに対して納得いかない部分があって。やっぱあん時みんなで約束したしなーとか思ってて。で、俺は藤原とよく下北に行ったりとかしてて、もう音楽ってもんがほんとに、呼吸するような感じになってきてて。で、その頃バンプ・オブ・チキンは藤くんが司令塔になって引っ張ってたの。会いたくもない友達との飲み会に参加してくれてたり」
藤原「そういうとこからライヴのお客さんを呼んだりとかしてたからな」
直井「あとブッキングとか全部やってくれて。それをね一緒に住んで肌で感じて。…二人が高校生やってて俺が刑期(笑)をまっとうしている間にこいつがこんな事やってくれたのかって事を本当に感じて、圧倒されて。それで『あ、こいつは俺らと一緒にやるべきじゃない』って思ったの。『こいつに比べたら俺ら3人なんて遊びだな』って。で藤くんに…超熱いよ。夜中の2時くらいに『藤くん、藤くん』って起こして『にゃ~に~?』とか(笑)いってくる藤君に『お前ねひとりでやったほうがいいわ』って、ヒロは大学落ちちゃって覚悟もあれだし、ヒデちゃんはヒデちゃんで大学行っちゃってるし。俺は俺で音楽ってもんがなんだか分かってないしお前はもう音楽ってものを分かってるし、生き方ってもんに対して大人だし。だからひとりでやりなよ。俺らのことはもういいって。…明らかに藤くんが支えてたから。俺らがバイトとかしてる間も、藤くんはバイトとかしてなかったのよ。音楽のことだけやってた。だからもういいからって-超熱いよ、俺。朝まで泣いたもん(笑)」
藤原「泣いた泣いた(笑)」
直井「そんとき始めて引き抜かれそうになった事を話してくれて。『一人で音楽をやる意味がないんだ』って、『確かに俺も第一線で出来る自信はある、でもそこには何の輝きも感じられない。俺はお前らと一緒にやりたいんだ』って言われた時俺は号泣した(笑)。朝まで語ったよね。」
藤原「チャマは今こういう言い方したけど、俺が受け取った感じはもうちょっと違くて。『俺もそうだしあいつらもそうだと思うんだけど、バンドやりてえよ、でもお前の足を引っ張りたくないんだ』って言い方だった。で俺は『そんなこと言われたら俺が寂しいだろう』って話した記憶がある。『仲間外れにするなよ バンプ・オブ・チキンなんだから』って」
直井「……っていうのがデカかった。俺それを聞いてから、ヒロが浪人したこともヒデちゃんが大学に行ってることも、一気に広い視点で見られるようになった。別に普通なんだって」
藤原「当時あとね、もう一個状況としてはね、俺のバイト先のひとが、キャバクラの女に熱を上げて、俺らの給料とか全部つぎ込んで蒸発しちゃったっていう事件が起きて。俺3ヶ月分ぐらいの給料がパーになって、その3ヶ月、家賃とか全部チャマが肩代わりしたって事件があった(笑)。あん時はほんと悪かったなって(笑)」
直井「でも、藤原はそういう付き合いとかもあったから、しょうがないっていうふうに思ってた。…いや、そこまで大人じゃなかった(笑)。愚痴ってた、ヒデちゃんとかに(笑)」
藤原「俺は俺で素直に謝ることも出来ずに、『だってあいつが蒸発しちゃったからさ』的なことしか言えなくて。でも本音を言えば『ほんとにダメだな俺』みたいな(笑)。そんな矢先、チャマの友人から、チャマが一緒に遊んでる時倒れたって聞いて。話聞いたらなんも食ってねえって。あと過労とかもあっただろうし。で、ちょっと……褌締め直さなきゃ、ひとりで音楽やってんじゃなかったんだって思ったんだよね」

バンプ・オブ・チキン~バンド活動~

直井「その頃さ、俺とヒデちゃん中心でDMを出しはじめたりしてたんだよね」
藤原「すごかったよね、DMの完成度。チャマがちゃんとデザインして書いて。まあスペルとか間違ってたんだけど(笑)」
「全部コピーした後で日付が違うのに気づいたり(笑)。次のライヴの情報とかさ、MCで藤原が言うようにしてたんだけど、忘れるじゃん。言ってる暇があったら曲やったほうがいいし」
藤原「『来てください』とか言わなかったよね、俺ら(笑)。来たけりゃ来ればみてーな(笑)」
直井「すげーこと言ってたよね。『お前らそこで突っ立ってるけど、俺らは楽しいよ?』(笑)」
藤原「『お前らの100倍人生楽しんでるよ』とか(笑)」
直井「『ついて来る来ないはお前らの勝手だけど、ついて来たほうが得だと思うよ?』」
藤原「『損得で言えばお前ら損だよね』みたいな(笑)。なんかさ、東京ってこっちを値踏みするようなお客さんが多かったから。まあそういうお客さんがいるからバンドが育つって状況もあるんだろうけどね。……やっぱ腕組んで観てたりするわけじゃん。それで『なんだその態度は』っていう説教で30分潰れたりとか(笑)」
直井「その間俺らは疲れちゃってるから座ってたりすんの(笑)。そうやってって、ワンマンやっても客が埋まるようになったの。で、1回のライヴでひとり3万とか儲かるようになって」
「スタジオ代とかDM代とかのためのバンド費を差っぴいて分けても、3万とか渡るようになったんだよね」
藤原「最初に貰ったギャラで食った吉野家の牛丼の味が未だに、みたいな(笑)。でもビックリした。これステージで歌った金でしょ、みたいな。升が金の管理とかしてて。あとDMの住所とかも全部升が管理してたよね。俺、DMの作業は全然やってなかったの。でも1回、あまりに増えて封筒に入れてくのが大変だから手伝ってくんねえ?って言われて、手伝いに行ったことがあるんだけど、すんげー量でビックリした。1個1個ちゃんと封筒に住所が印刷してあって。そういうのも全部升がパソコン勉強してやっててさ。そん中に折りたたんだチャマの—-まあ間違いとかあったりするんだけど(笑)、ちゃんとデザインされたものが入ってて。すげーことやってたんだって思った」
直井「最終的には何通いったけ?千はいったよね。……なんか役割っていうのがなんとなくあったんだよね。藤原は藤原でやることやってたし。だから今と一緒で、バンプ・オブ・チキンの歯車としてやってた。……でもね、すべて楽しかったよ。やりたくてやってた」
「だからDMも、送ったらその分ちゃんとお客さんが来てくれたし」
直井「それが嬉しかったよね」
「それがなかったら全然続かなかったよ」
直井「その頃、3曲入りのテープ作ったよね」
藤原「作った作った。その制作会社が、なんの契約もしてないのに懇意でやってくれたの」
直井「で、DMが千通超えたくらいの時に、制作会社のひとから、そろそろこんだけ規模がデカくなってきたから、ちゃんとマネージメントとかつけてそこから発信したほうがいいんじゃないか、っていう話も出てきたりして」

バンプ・オブ・チキン~デビュー前夜~

藤原「時を同じくしてあのショーケース・ライヴの話があったんだよ。世の中怖えな、ハンコもなんも押してないのに俺ら所有物にされるとこだったぜって思ったりして。ヒヤっとしたねって言ってる時に、そのチャマが言ったマネージメントの話が出てきて。それでね、その頃ちょうどミュージカルやったんだよ」
「98年の頭どかだよね」
藤原「『走る女』ってタイトルの。曲を書いてくれって頼まれて、主題歌とか登場人物のテーマとか書いたんだよ。そしたら凄い評価が良くて、演出家の人にぜひ生演奏でやってほしいって言われて。でもバンプオブチキンとして出す事できないから、役として出てって言われて。それで出た。俺アキヒトって名前だったな(笑)」
直井「俺らあん中でかなりストイックなほうにはいってた(笑)、役に対して真剣だったし」
藤原「そうそう。周りの役者より俺らのほうが、よっぽどストイックに芝居を作ろうとしてた。音楽担当だったから教えなきゃいけなかったし。めちゃめちゃ説教したよ年上のねーちゃんどもに。『やる気あるのかよ辞めちまえ!』とか(笑)。歌詞覚えてこないのとかあり得ねーとか思って、上手く歌えないのは怒る事じゃないけど、覚える事くらい誰だってできるじゃん。まあ俺もよく間違えるけど(笑)」
直井「舞台監督さんとか演出家の人と話し合ったりしたよね。展開とかの提案したり。」
藤原「だってさ芝居のアンケート、全部『バンドが良かった』って書いてあんの。完全に勝ちだよね。で、その芝居を制作会社の人が観に来てくれて、昼夜2公演だったんだけど、夜の部に来てくれて。で、終わった後に良かったら一緒にご飯食べようっていわれて、全員満身創痍のすっゲーボロボロな状態だったんだけど。俺もぎっくり腰みたいになってたし(笑)。で『お芝居良かったよ』って言ってくれて『ああいう形でバンプ見るのも新鮮で面白かったよ』って言う話をしたあとに、『実は今日は折り入って話しがあるんだけど』って言われて。よくよく考えて見みたら二人ともカチッとした格好してんだ」
藤原「それで、『君たちと一緒にやっていきたい、ぜひ一緒にやって生きませんか?』って事を言われたの。告白されたって感じだった、愛を。で、『僕らの事を信用してくれてると思うんだけど、すぐに返事はしないでほしい。ミュージカルの千秋楽終わってからゆっくり考えてくれ、親にも相談してくれ』って言われて。なんか…ああ、すごくいい人達とめぐり合えたって実感が改めてあった。」
直井「うん。だからお金出してくれる人も周りにたくさんいたし、そっちに転がったら楽な生活…やっぱバイトか死ぬほどツラかったし。自分達で管理するのもかなり限界きてたし。でも、そん中で本格的に、妥協せずに人だけを大切にしてた。その制作会社のひと達は俺らにお金の面での何とかじゃなくて、本当に気持ちだったから」
藤原「気づいたらお金を出してくれてたって言うのはあったんだけど。そんなの俺は知らなかったりしてさ」
直井「もうほんと、俺ら4人とも、ふたりに本当に惚れ込んでたから。だから『何をいまさら』って感じだったよね。はっきり覚えてんだけど、藤くんが『もう一緒にやってるじゃないか』って言ったの。俺らも同じ気持ちだった。だから相思相愛だったの。」
藤原「で制作会社の人と契約したんだよね。…あの頃、とにかく楽しくて仕方がなかった。あと、真剣だった。楽しむ事や作り出すことに対して。」
直井「あとこう……あの時期バンプ4人で、ちゃんと個人になりつつあった。ひとつの塊って言うよりも、ひとつひとつになりつつあったの。だから俺は個人的に3人に凄い刺激を受けてた。だから藤原がミュージカルで、自分だけを歌うだけじゃなくて、外から持ってきたアイディアも形にできるほどにレヴェルが上がってるのに『おおっ』って思ったり。ヒデちゃんは大学行ってるのに約束してる日を1日もサボった事ないとか。ヒロは…『浪人かあ』と思ってた(笑)。違うの、別にいいことばかりに刺激を受けてたんじゃなくて、そういうことなの。刺激なんて別に、良し悪しなんてないからさ。……とにかく俺は、みんなから凄い刺激を受けながら生きてたんだよね」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

幼少期、絵描きになりたくて毎日絵を描く。地元の写生大会で金賞受賞。
高校生の頃からバンドを組み、作詞・作曲・編曲・映像を担当。ライブで知り合ったバンドマンとは今でも仲良し。

25歳から独学でデザイン・ウェブ制作を0から学習し、ウェブデザイナーとして中途入社。自分だけの武器を探し、デザイン、マークアップ、企画、マーケティング、SNS、広告など片っ端から勉強。
今はその知識を活かしてPdMを担当。

その傍ら数々の副業(イラスト制作、アフィリエイト、古着転売、ハンドメイド、作曲)をして、現在30代に突入。

東海在住。
運営ブログ「シュマリ」は月間3万PV。
読んだ漫画は4万冊。