漫画版『皇国の守護者』絶版・電子化なし!?不遇の名作とその理由

ま・・・まじか。

増刷もされないし、古本屋で見ることも少ないし、以前からあやしい感じだったけど、電子書籍すら出さないとは。

『皇国の守護者』とは

『皇国の守護者』(こうこくのしゅごしゃ、IMPERIAL GUARDS)は佐藤大輔によって書かれた架空世界を舞台とする戦記小説である。2014年12月現在9巻まで刊行。また伊藤悠によって漫画化されている。

2005年刊行の第9巻以降執筆が途絶えていたが、作者の佐藤が2017年3月22日に死去したため、本作は未完となってしまった。

今でもカルト的人気を博している作品だっただけに絶版・電子書籍化なしは本当に残念。

多くの人に知ってもらいたい名作漫画だけど、もう方法はないのか。

連載終盤まで原作者のチェックが行われていなかったり、いざチェックが入っても、既に雑誌に掲載されているものに対して修正の指示を出されたり、ということが重なって、原作者と漫画家の関係が悪くなっていった・・・

そして作者の精神に限界がきて打ち切り完結を覚悟し、完結されたと言われています。

なんてことはまったく思わせない、卓越した漫画力で描かれた作品!

関連レビューはこちら(外部リンク)

Twitterの関連ツイート

https://twitter.com/hijmsawaji/status/970716289562890241

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です