SSL化したのに、「このサイトへの接続は完全には保護されていません」と表示される原因と対処方法

ネットを徘徊していると、URLがSSL化されている(httpではなくhttpsになっている)のに、文字が緑色になっていないサイトを見かけます。

どういうことかというと、画像を見てください。

↑①、これが正常

 

↑②、緑色になっていない

 

↑③、2のiマークをクリックすると表示される

「このサイトへの接続は完全には保護されていません」と表示される原因

先述の通り、緑の鍵マークと、iマークと、赤三角の3段階に判定されています。

赤はSSL化されていない状態。

iマークは部分的にSSL化できていないということです。

SSL化した時に、画像ファイルなどのURLが「http://」になっているケースが9割です。

対処方法

画像ファイルの参照先を確認して、「https://」に修正しましょう!

画像でなければcssやJavaScriptのファイルかもしれません。

「F12」キーでエラー確認をするとすぐに見つかりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です